« 2024年2月 | トップページ

2024年3月

2024年3月26日 (火)

パソコンSDカードスロットの接触不良修復

普段使いのノートPC、レノボG50-70のSDカードスロットが接触不良になってしまい、たいへん不便な状態が続いていた。

機会を見てレノボの裏蓋を開けて、SDカードスロットにアクセスできるようなら掃除しようと思っていたが、実際に開けてみるとどうやらSDカードスロットの接点にアクセスするのはほとんど不可能らしいことがわかった。SDカードの挿入口は狭いので、綿棒も入らないし、ヘタに接点をひっかけて曲げてしまったりしたらもうどうしようもないので、なにかよい方法はないか考えたが、少々力業的な方法でとりあえず使えるようになったので、紹介する。

まず状況としては、SDカードスロットにSDカードを挿しても反応しないか、反応しても書き込み、削除ができなかったり、読み出し中に認識しなくなったりする。SDカードの接点を掃除しても状況は改善せず、またべつのSDカードを挿しても現象は同じなので、スロット側の接点の問題だと思われる。
SDカード接点にエチルアルコールを付けて抜き差ししてみると、ほんの少しの間はなんとなくよくなったような気がしなくもなかったが、またすぐに元の状態に戻ってしまった。接点復活剤はどうかというと、油膜が残留するため、汚れを吸着してかえって悪化する恐れもあるので使わなかった。

考えられるのは、SDカードスロット側の接点の汚れか、接点圧がゆるくなったのかのどちらかだろう。接点圧低下ならお手上げだ。

SDカードスロットの接点の汚れだとしたら拭くか磨くかすればよさそうだが、なにしろアクセスができない。
そこで今回はmicroSDアダプタを改造して、クリーニングSDカードを作った。これはSDカードの金属接点の部分を紙やすりに換えて、挿入したときにSDカードスロットの接点を強引に磨く狙いだ。

20240326sdc1
写真1.分解して金属接点を取り除いたmicroSDアダプタと、切り抜いて裏に両面テープを貼った紙やすり(左)


写真1に示すように、microSDカードアダプタを分解し、内部の金属接点を剥がして除去し、金属接点の場所に合うように紙やすり(#2000)を切り抜いて裏に両面テープを貼ったものを用意する。

20240326sdc2    
写真2.接点部分に紙やすりを貼ったところ

写真2のように従来金属接点があった部分に紙やすりを貼付ける。


20240326sdc3
写真3.クリーニングSDカード


写真3に示すように、microSDカードアダプタのフタを付けなおしてクリーニングSDカード完成。
ただ、紙やすりの厚さ分、もとのmicroSDカードアダプタよりも若干厚くなってしまった。

これを問題のノートPCのSDカードスロットに差し込むのだが、少し厚さが増して、かなり渋くなってしまったので、無理に押し込むと抜けなくなる恐れがある。そこで、ラジオペンチでヘリをくわえて数回抜き差ししてみた。



20240326sdc4
写真4.抜き差し後のクリーニングSDカードやすり面


数回抜き差しした結果、クリーニングSDカードのやすり面に摺動痕がついてきた(写真4)。どうやら接点は磨けているようだ。

デジカメのSDカードを入れてみると、はたして、接触不良は解消した\(^o^)/


言わずもがなですが自己責任でお願いします。
   
  

| | | コメント (0)

2024年3月10日 (日)

ツミ(雀鷹 )の幼鳥

20240310tsumi1 20240310tsumi2

朝の散歩をしていたら見慣れない鳥が木に止まっていたので写真を撮ってきた。
帰ってからネットで調べると、どうやら猛禽類の”ツミ”という鳥の幼鳥らしい。
東京では絶滅危惧種に指定されているが、明治神宮や石神井公園では観察される鳥だそうだ。

ただ、東京ではおおむね4月ごろに抱卵、5月に育雛、6月に巣立ちということらしいので、まだ冬のようにさむいきょう3/10に中野区内の市街地になぜ幼鳥がいたのか謎だ。迷子かな?

| | | コメント (1)

2024年3月 2日 (土)

気圧変動と頭痛

ここ数年、一か月に数回程度の頭痛に悩まされている。
それより以前は、風邪とか二日酔いなど、なにか具体的な理由がない限り頭痛になったことはほとんどなかったが、体質の変化だろうか。
原因の究明と対応策を探っていたが、少しずつわかってきた。

ぼくの場合、どうやら頭痛の原因は大きく2つあって、ひとつは寝相の問題、そしてもうひとつは気圧の急激な変化のようだ。

寝相についてはあまりはっきりとした自覚がなかったのだが、以前は仰向けのまま寝ていたり、枕に頭を載せて横向きに寝ていることが多かったようなのだが、ここ数年は、眠りはじめは仰向け、そして夜中に寝返りを打って枕を外して横向きに丸くなって眠っていることが多かったようで、枕なしで横向きだと、肩の高さ分、首に負担がかかって、これによる首や肩のこりが頭痛の原因だったようだ。
これに気が付いてから、横向きの姿勢で眠る際も枕を使うように意識することで、頭痛の頻度が減ったように思える。

そしてもうひとつの原因である気圧の急変については一般的に言われていることで、なぜ気圧が急変すると頭痛が起こるのかネットで調べてみると、

①気圧の変化を感じると脳の血管が拡張し、神経を圧迫することで頭痛となる
②低気圧になるとセロトニンの分泌が不安定になり頭痛となる
③内耳の気圧センサの過剰反応により頭痛となる

だいたいこのようなことが原因として考えられているようだ。

ところで、このブログで以前WIFI気象計の製作を紹介したが、これをベランダに設置して、常時気象データを記録している。 
ここ最近、頭痛が起こったときの気象データを見てみると、頭痛の発生と気圧の変化が強く相関していることがわかった。
今年の2/12~3/2までの、ベランダの気圧変化のグラフを図1に示す。


202402   
図1.ベランダ(中野区)の気圧変化


この一か月で強めの頭痛になったのは、2/16と3/1だった。気圧のグラフを見ると、頭痛が起こった日と気圧の急激な変化が見事に一致している。
図中に示したように2/16午前1時までの24時間で気圧が1018hPaから999hPaに急降下、3/1午前10:15までの24時間ではなんと1023hPaから997hPaの急降下をしている。
よって、気圧の急変が頭痛の発生に関係していることはほぼ間違いないと思われた。


さて、原因がわかったものの、重要なのはどう対策するかだ。常備の鎮痛薬にはバファリンとロキソニンがあるが、経験からすると自分にはどちらもいまひとつ。
ネットで調べると、カフェインの摂取が効果的だと書いてあった。カフェインには脳の血管を収縮させる働きがあるからだそうだ。つまり、気圧の変化によって脳の血管が拡張することで頭痛が起こるのなら、その逆になるようにすればよい。
実際、2/16と3/1の両日は朝から頭痛がしていたので、濃いめのコーヒーを2杯ずつ飲むことで、昼前にはだいぶ楽になった。

まとめると、頭痛対策は、寝相の改善(人によっては枕の改善 )と、気圧性の頭痛が起こったときにはコーヒーがいいらしいということ。

ただ、カフェインは習慣的に摂取するとカフェイン依存になる可能性があり、カフェイン依存の症状として頭痛があり、こうなると本末転倒なので気をつけたい。


ふだんから頭痛に悩まされることが多い人は試してみてくださいね。 
 

| | | コメント (0)

« 2024年2月 | トップページ