« レコードからCDへ | トップページ | SSDAC頒布についてのお知らせ »

2022年6月10日 (金)

SSDAC対応DDコンバーター(USB to I2S)について【20220610追記】

About SSDAC compatible DD converter (USB to I2S)

【20220819追記】
CM6631A使用品について、ファームウェアのアップデートによる最適化の記事を書きましたのでそちらもご参照ください。

【20220610追記】
ユーザーの方から、「amaneroCombo384のコンパチ品を使うとノイズが乗る」とのご指摘があり調査したところ、windowsの設定条件によって、amaneroCombo384のコンパチ品でノイズが出るもの(出ないものもある)、およびXMOSのDDコンバータでもノイズが出ることを確認しました。
よって、
①基本的にamaneroCombo384純正品を使用してください。
②amaneroコンパチ品では設定条件(windowsのデジタル出力のプロパティ→既定の形式の設定)によってはノイズが出るものがあるため、基本的におすすめしません。自己責任でお願いします。
③XMOSのU208DDコンバータは、48kHz、96kHzの設定でノイズが出ます。おすすめしません。
④CM6631およびPCM2706は問題ありませんでした。

[20220610 postscript]
A user pointed out that "using amaneroCombo384 compatible products causes noise", and after investigating, some of the amaneroCombo384 compatible products generate noise (some do not), depending on the settings of windows. And I confirmed that noise appears even in the DD converter of XMOS U208.
Therefore,
① Basically, use genuine amanero Combo384 product.
② It is basically not recommended for amanero compatible products because noise may occur depending on the setting conditions (windows digital output properties → default format settings). Please take responsibility for your actions.
③ The XMOS U208DD converter produces noise at 48kHz and 96kHz settings. Not recommended.
④ There was no problem with CM6631 and PCM2706.



頒布中のSSDAC基板に対応するDDコンバータ(USB to I2S)について、動作確認できているものは次のとおり。
The following DD converters (USB to I2S) that are compatible with the SSDAC board being distributed have been confirmed to work.

Dd_boards
写真1.SSDACで動作確認済みのDDコンバーター
photo1. DD converter that has been confirmed to work with SSDAC

 

①Amanero COMBO384(写真左端)
・SSDACで標準としているDDコンバータ。
・The standard DD converter for SSDAC.

②Amanero COMBO384互換ボード(写真左から2番目)※おすすめしません。
compatible board (second from the left in the photo) ※Not recommended.
・amazonやAliexpressなどで廉価で入手できる。
・動作はAmanero COMBO384と同じだが、ファームウェアのアップデートはできない。
・Available at low prices on Amazon and Aliexpress.
・The operation is the same as Amanero COMBO384, but the firmware cannot be updated.

③XMOS U208(写真中央) (center of the photo ※Not recommended. ) ※おすすめしません
・Amanero COMBO384と同等。
・ Equivalent to Amanero COMBO 384.

④6631PRO(写真右から2番目) (second from the right in the photo)
・CM6631Aを使用したDDコンバータ。
・SSDAC基板上のサンプルレート、ビット深度を示すLEDは点灯しないが、動作は問題なし。
・USB接続有無を示す”PLUG”信号が必要な場合は、コネクタの1pinと10pinをジャンパで接続する。(SSDACでは不要)
・DD ​​converter using CM6631A.
・The LED indicating the sample rate and bit depth on the SSDAC board does not light, but there is no problem in operation.
・If a "PLUG" signal indicating the presence or absence of a USB connection is required, connect pins 1 and 10 of the connector     with a jumper. (Not required for SSDAC)

⑤PCM2706ボード(写真右端) (far right in the photo)
・PCM2706を使用したDDコンバータ。
・SSDAC基板上のサンプルレート、ビット深度を示すLEDは点灯しないが、動作は問題なし。
・USB接続有無を示す”PLUG”信号は無し(SSDACでは不要)。
・44.1kHz,48kHzの16bitのみ対応。
・SSDACへの接続コネクタに電源が供給されていないため、コネクタ 7pinにジャンパで電源を接続する必要がある。
・クロックがUSBと兼用で、I2Sに必要なクロックはPLLで生成されているため、積極的にはおすすめしない。
・DD ​​converter using PCM2706.
・The LED indicating the sample rate and bit depth on the SSDAC board does not light, but there is no problem in operation.
・There is no "PLUG" signal indicating the presence or absence of a USB connection (not required for SSDAC).
・ Only 16bit of 44.1kHz and 48kHz are supported.
・Connecting to SSDAC Since power is not supplied to the connector, it is necessary to connect the power to pin 7 of the         connector with a jumper.
・The clock is also used for USB, and the clock required for I2S is generated by PLL, so we do not actively recommend it.

以上参考にしてください。
Please refer to the above.

|

« レコードからCDへ | トップページ | SSDAC頒布についてのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レコードからCDへ | トップページ | SSDAC頒布についてのお知らせ »