« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月21日 (土)

危機に備えること

2020年3月21日現在、世界は新型コロナウィルスの脅威にさらされ、未曾有のパニック状態になっている。

新型コロナが発生する以前も、ここ3年ほどは竹島や尖閣諸島の問題があり、北朝鮮もいよいよ追い詰められてきた感があるため、有事を想定して備えておく必要を感じていた。食料は一か月ほどはなんとかしのげる程度の備蓄をしている。

備えとして何を用意しておくかを決めるために、非常事態にはなにが起きてなにが問題になるのか想定してみよう。食料や飲料は当然のこととして、ほかに何が必要だろうか。
まずいちばん問題になるのが、情報網ではないか。ケータイとネットが落ちてしまったらもうほとんどどうしようもない。さらに停電になった場合もかなり致命的な状況となる。電池式のラジオでもあればラジオ放送は聴けるが、そもそも放送局が無事である保証はない。電気と通信インフラがダメになったら手も足も出ない。

そういうわけで、最低限、電源を確保するために、エンジン式の発電機か充電池式の非常用電源を買っておくべきかどうか考えていたが、それを使うべき時が10日後なのか5年後なのかわからない状態では、いざその時に使えるかどうかという問題がある。エンジン式の発電機はガソリンが酸化するとエンジンがかからなくなるので、ガソリンを入れたまま放置しておけば一年後に機能するかどうかは怪しい。充電池式(リチウムイオン電池)の非常用電源は、使わなければ電池劣化の可能性があるため、やはり年単位の備えとしては不安が大きい。

通信網が遮断された場合に威力を発揮しそうなのは無線機だ。前にも書いたがアマチュア無線のトランシーバーを持っているので、いざというときに情報の収集ができそうだ。これなら電話やネットなどの通信インフラとは関係なく運用できるし、電池さえあればいつでも使える。

そういうわけで、きょうは近所のダイソーに予備の電池を買いにいった。6本110円のアルカリ単3電池を5組30本。在庫のエネループも10本ほどあるので、これだけあれば急場はしのげるだろう。ケータイの充電アダプタも単3電池でOKだ。

買い物ついでに撮ってきた写真を何枚か貼っておく。EOSM+EF-M22mm。

6 5 4 9 12

 

| | コメント (2)

2020年3月10日 (火)

リチウムイオン電池はリハビリで復活できるか(続報)

前回は劣化したボタン型リチウムイオン電池LIR2450(容量120mAh)に対し、200mAで充電、370mAで放電という試験を繰り返し行ったが、回復はできなかった。しかしながらこれでは電池スペックに対して条件が厳しすぎる(リハビリというよりは耐久試験?)という感もあるので、追加試験として、愛用しているデジカメEX-ZR300付属のバッテリーNP-130(1800mAh)に対して繰り返し充放電試験を行った。

この電池もしばらく充電状態で放置してしまったため、満充電後もすぐに電池マークが低下するようになってしまった。

今回の充放電の条件は、

・およそ360mAで開放電圧4.1Vまで充電、同じくおよそ360mAで開放電圧3Vまで放電

とした。1800mAhに対してかなりやさしい充放電条件だといえる。

この電池がどの程度劣化していたかというと、ほぼ新品の同型式の電池が充放電1サイクルにおよそ10時間20分かかるのに対し、今回試験に使用した電池は1サイクルおよそ8時間20分ほどだったので、20%ほど容量が減ったと考えてもいいかもしれない。

1サイクル10時間というのは、充放電ともに360mAで5時間ずつだと考えれば驚くほど計算通りだ。

今回は20%劣化した電池に対して上記の充放電試験を連続12サイクル(100時間)行い、1サイクルに要する時間が8時間→10時間まで回復するかどうか、またその見込みはあるかを検証した。

Liion

図1.サイクル試験結果
6サイクル目で復活に向かうかのように見えたが、その後低迷してしまった。

 

図1に試験結果を示す。

4~6サイクル目でサイクル時間が増加しており、復活するかように見えたが、7サイクル目で減退し、その後横ばいとなった。
明日から出張なので、一旦ここで終了した。

これを繰り返し行っても、サイクル時間が10時間にむけて回復するのは難しそうだ。

 

リチウムイオン電池復活!という記事のうちいくつかは、開放電圧が一定レベル以下に下がった電池(充電器の安全回路によって充電が開始されない)に対して、試験的に別手段で充電して開放電圧を上げたら、ふたたび充電器で充電できるようになった、というもので、性能劣化に対して回復的な効果があったとは書かれていない。

というわけで、さんねんながら劣化したリチウムイオン電池のリハビリ回復は期待できない。

(コロナのおかげで引きこもっておこなった検証でした)

 

| | コメント (2)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »