« CDプレーヤーCD-P4500の修理 | トップページ | 温度調整付きはんだごて »

2019年12月27日 (金)

シュレッダー修理②

7月にシュレッダーが動かなくなってメンテナンスした記事を書いたが、その後も、どうも稼働音も弱々しく、動作が安定しない状態が続いていた。それでも個人使用では処理する書類量も、たかがしれているのでだましだまし使っていたのだが、年末の片付けでまとめて書類を処理していたらとうとう完全に動かなくなってしまった。少しくらい叩いてももう動かない。

シュレッダーに使われているモーターはユニバーサルモーターというタイプで、直流でも交流でも使うことができて、交流でも回転方向を変えることができる。給電にはブラシと整流子を使っているので、この部分が摩耗して接触が悪くなることで徐々にトルクが落ちるなど性能が劣化し、いずれ寿命になる。

ただ、ブラシと整流子の接触箇所を少しずらしたり、ブラシの整流子への押圧を調整することで復活できる場合もある。

ダメ元で開けてブラシの部分を分解してみた。

Imgp3360

図1.整流子とブラシ。右側のカーボン角柱のブラシを抜いたところ。カーボン角柱ブラシはバネで整流子に押しつけられている。

 

図1のようにブラシは対向して2箇所ついている。ブラシはカーボンの角柱形状で、バネによって整流子に押しつけられている。

 

Imgp3359

図2.ブラシを押しているバネ。バネの内側に電流を供給する導線が入っている。

 

このバネを少し伸ばして、整流子へのブラシの押圧を上げてやれば直るのではないか。

2箇所のブラシの押圧バネを指で少し伸ばして、元に戻して動作を見たところ、思惑通り力強い回転がよみがえった。

 

めでたしめでたし(^-^)

 

ことしは修理の多い一年でした。

シュレッダーは事務所のものを含めると4回メンテナンスや修理をしました。

デスクトップパソコンも修理したし、ここ最近は、自動散水機やCDプレーヤーも修理しました。

そういえば、きのうはオーラトーンの片側が焼き切れてしまう夢を見たが、なにかの暗示だろうか……?

 

|

« CDプレーヤーCD-P4500の修理 | トップページ | 温度調整付きはんだごて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CDプレーヤーCD-P4500の修理 | トップページ | 温度調整付きはんだごて »