« 2019年1月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日 (月)

中華リューター購入

リューターとは、工作用の回転切削ツールである。歯医者さんが歯を削るのに使う回転ヤスリみたいなもの。

基板や回路パターンのカット、シャーシ加工のバリ取りなどに重宝するので、実験机には置いているが、持ち出し用または予備としてもう一台ほしいと思っていた。

ただ、安物を買うとたいてい軸のブレが大きくて使い物にならない。(最初に買ったプロxxンはひどかった)

時々格安パーツを買うAliExpressをながめていると、なんと1700円程度のめちゃくちゃ安いリューターがあった。

これくらいの値段なら使い物にならなくてもあきらめはつくので、試しに購入してみた。

Leutor

ちなみに、リューターの相場は、プロ用で10万円以上出すと完全に間違いはない。性能面で考えると、文句がないレベルで最低2万円前後、アマチュア用でまあまあ使えるレベルのものなら1万円前後、それ以下の価格帯のものだとあまり期待できない。高級品ほど、正逆回転ができたり、回転数が0から調整できたり、トルクが強い、連続で長時間使えるなど、機能が多く使いやすくなるのだが、いちばん差が出ると考えられるのが、上でも書いた軸のブレだ。

さて、今回1700円で購入したリューター。常識では考えられないほどのローコストだ。コレットチャックもビットも数種類入っていて、USBで充電するタイプだ。

ダイヤモンドディスクをつけた状態の静止と回転の写真は次のとおり。

 Static Dynamic

左が静止、右が回転。

なんと、ほとんどぶれていない!!!!!!!!!!

と、びっくりマークが10個つくほどの衝撃であった。トルクもまあまあで、基板の加工やシャーシのバリ取り程度なら十分だ。

100点満点で300点あげたいほどの製品だが、ひとつ問題があった。

なんといちばん使用頻度の高いΦ2.35(カタログではΦ2.4)のコレットだけ、なぜだかスリ割りが入っていない不良品だった。

(上の写真は以前使っていたプロクソンのコレットをつけて撮影した。)

Φ2.35コレットがもれなく不良品なのか、たまたまだったのかはわからないが、この一点だけ残念だったので、差し引いてそれでも100点かな。

製造元は2012年に設立されたNEWACALOXという、中国は深センの工具メーカーだ。

中国おそるべし。

 

| | コメント (1)

2019年4月23日 (火)

襟の汚れのお洗濯

オヤジ年齢になって清潔感を出す服装が重要に思えるようになってくると、白いシャツはとても重宝する。

若い頃は全身ブラックなどというファッションでも汚らしくはならないが、

オヤジが全身黒ではどうしても清潔感が出しにくい。

そういうわけで、白いシャツなどを積極的に着ていると、気になるのが襟の汚れだ。

洗濯前に襟に塗るタイプの洗剤などがあるが、効果は今ひとつ。

そこで試してみたのが、重曹+酸素系漂白剤(粉末)+スチームクリーナーだ。

①重曹と酸素系漂白剤粉末を同量と水を少々加えて、ペースト状にする

②シャツの黄ばみ部分を湿らせて、そこに①をすり込んで数分なじませる

③黄ばみ部分をなぞるようにスチームクリーナーでスチームをあてる

④洗濯機で洗濯

このやりかたで、過去に付いたしつこい黄ばみもかなりきれいに取ることができた。

使用したスチームクリーナーはこのタイプ

 

 

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年5月 »