« 両刀マウス | トップページ | エルカフェのロッカー »

2015年2月14日 (土)

アルカリは使うな

フェイスブックからの転載記事です。
なにか書きたいことがあるとき、このブログに書くかフェイスブックに書くかいつも迷うのですが、今後はあまり考えないで相互に転載することにします。


【アルカリは使うな】
新連載「きょうのひとこと」です。
 
みなさんは電池の液漏れで電気製品をだめにしてしまったことがないでしょうか。たぶん一度や二度ではないという人が多いのではないかと思います。
 
電池の液漏れはそのほとんどがアルカリ電池の長期使用によって起こります。これは専門的には過放電による内部ガス圧の上昇による液漏れということになるのですが、アルカリ電池を微小な電流で数ヶ月から数年の長期にわたって使用した場合に非常に起こりやすくなります。ですからたとえば、リモコン、時計、デジタル秤、体重計などはアルカリ電池を入れて使っているとかなりの高確率で液漏れしてダメにしてしまいます。
 
最近はコンビニや家電量販店でも、充電できないタイプの乾電池はほとんどアルカリしか扱っておらず、マンガン乾電池(昔ながらの赤や黒の乾電池)はあまり見かけなくなりました。上に書いたような長期にわたるような使い方ならマンガン乾電池であればほとんど液漏れの事故は起こりません。しかしながら入手困難です。ではどうしたらいいでしょうか?

最近のおすすめはエネループに代表される長期保存可能なニッケル水素電池(充電池)です。従来、ニッケル水素電池は自己放電(使っていないのにどんどん電気を内部で消耗してしまう)が起こりやすいという欠点があり、1~2ヶ月程度でカラになってしまうため、時計やリモコンなど長期用途には不向きでした。ところがエネループはその弱点を克服し、一年放置でも8割程度の残量を保つようになりました。
 
エネループなどのブランド製ニッケル水素電池に割高感を感じる場合は、100円ショップの充電地でもアルカリ電池よりは液漏れ事故ははるかに少ないと思います。ただし、100円充電池は急速充電や継ぎ足し充電には弱いといううわさがありますので、使用する場合は同じく100円ショップで販売されている低速充電器で使用することをおすすめします。
 
アルカリ電池の名誉のために、アルカリ電池が向いてる用途を紹介しておきます。アルカリ電池が得意とするのは比較的大電流での用途です。数時間から数日で使い切るような用途、たとえば電気シェーバー、デジカメ、電動式のおもちゃ、ラジカセなどに適しています。
ただ、やはり使い捨ての電池は捨てるのも面倒ですし、長期的には不経済ですから、上で紹介したような充電池の使用をおすすめします。

最後にエネループなどのニッケル水素電池の使い方のコツですが、かならず使い切ってから充電することで長く快適に使うことができます。これはケータイ、スマホ、ノートパソコンに代表されるリチウムイオン電池とは真逆の使い方ですが、そのお話は次の機会に。

|

« 両刀マウス | トップページ | エルカフェのロッカー »

コメント

>最後にエネループなどのニッケル水素電池の使い方のコツですが、かならず使い切ってから充電することで長く快適に使うことができます。

逆です。

「かならず使い切ってから充電」という方法は、大幅に寿命を縮めます。某メーカーの資料では、毎回残量50%で充電した時のサイクル寿命を約2000回とすると、同じく残量0%で(使い切って)充電した時は約200回です。なので、長期間使いたければ、むしろ「やってはいけない」代表的な手順です。

近年は充電池メーカーのサイトでも、残量があるうちに充電するように呼びかけています。さらに、充電器に備わっていたリフレッシュ機能(自動で電池の残りを使い切ってから充電してくれる機能)もほとんど廃止されました。

そもそもスペック上の充電可能回数は、JIS C 8708 の規定によって「継ぎ足し充電で」カウントした回数です。(毎回使い切っていれば、当然寿命は大幅に短くなる)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13142284138/a352459174

投稿: | 2015年2月28日 (土) 04時06分

ご指摘ありがとうございます。
 
なるほど、最近のエネループに代表されるニッケル水素電池はメモリー効果による性能低下を気にする必要はなく、過放電は電池を痛める原因になるということですね。
わたしの知識も少し古かったようです。もういちどよく調査して、近日中に修正記事を出したいと思います。
 
ご指摘の文中、残量50%と残量0%の比較では寿命が2000回から200回にとありますが、これは出典はありますでしょうか?残量50%がどういう状態なのかということも気になります。
 
またJISC8708の充放電試験では終端電圧1Vとしていますが、これを継ぎ足しと考えるかどうかという言葉の問題もあると思います。わたしが文中で使いきりと書いた意味は、「機器が動かなくなる時点で」という意味であって、終端電圧が0Vという意味ではありません。乾電池使用の機器は通常、公称1.5Vの乾電池を基準に設計されていて、終端電圧が1V程度に設定されている場合が多いため、そういう意味では機器が動かなくなるまで使ったとしても0Vにはなりませんから、継ぎ足し充電ということになります。
 
ちなみに職場ではすべての電池器機でエネループを使用としており、小電流の赤外線ワイヤレスマウスもエネループ単4でおおよそ3ヶ月程度保ちます。そして使用できなくなるときの終端電圧は0.8V程度です。わたしとしては感覚的にこれを使い切りと考えます。

投稿: DJ HIGO | 2015年2月28日 (土) 09時16分

>これは出典はありますでしょうか?

先述のリンク先をお読みください。Panasonic のデータを見ることが出来ます。

>残量50%がどういう状態なのか

容量の50%を放電した状態です。

>JISC8708の充放電試験では終端電圧1Vとしていますが、これを継ぎ足しと考えるかどうかという言葉の問題も

言葉の問題などないでしょう。終止電圧まで使う事を放電深度100%(残量0%)と表現する以外ないかと。

投稿: | 2015年2月28日 (土) 22時39分

ご回答ありがとうございます。Panasonicの文献はリンク先からさらにリンクされていました。
http://www.doc88.com/p-1083922369495.html

この文献によれば確かに終止電圧1Vを完全放電状態と定義しており、公称サイクル寿命2000回がおよそ200回まで低下するというグラフがあります。また、電池電圧が1.1V以下とならないように使用することを推奨しています。
なるほど、わたしの知識が古かったことがわかりました。勉強になります。近日中に修正記事を出します。

技術的な真実がわかりましたが、実際の電池の使用状態について考えたときに、電池の使用状態で電池電圧が1.1Vまで下がったということを知る方法はありませんから、普通は電池切れで機器が止まるまで使うことが考えられます。もし1.1Vを厳密に守るとしたら、たとえば使用機器によって電池電圧が1.1Vまで低下するまでの累積時間を調べておいて、それを過ぎたら充電するということが必要ですが、そもそもそのような管理ができる人ならアルカリ電池で液漏れ事故を起こさないと思います。
そう考えると、実用的な意味では、最終的にはあんまり細かいことは考えないでエネループ(ニッケル水素電池)を使えばいいとしかいえない気もします。

投稿: DJ HIGO | 2015年3月 1日 (日) 00時25分

>またJISC8708の充放電試験では終端電圧1Vとしていますが、これを継ぎ足しと考えるかどうか

JIS の試験は容量の60% を放電するという内容です。普通に継ぎ足し充電です。

(終止電圧が1V と定義されている事と試験内容は別です)

投稿: | 2017年2月28日 (火) 05時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584560/61134273

この記事へのトラックバック一覧です: アルカリは使うな:

« 両刀マウス | トップページ | エルカフェのロッカー »