« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

パリに来た

そういうわけで、ニースの石浜でしばし昼寝したあとはバスでコートダジュール空港、そこからオルリー空港へと飛びました。
オルリーからバスでパリへ向かいます。

フランスの高速道路脇に落書き。どこにでもあるんですね。
S

パリ市内に入り、バスに揺られてウトウトしていたらすぐ目の前にエッフェル塔。
まだ真っ昼間のように見えますが、夜の7時半ぐらいです。
S_2

レストランで食事をして、ホテルに向かいます。夜のエッフェル塔が遠ざかる。
S_3

さて、この日はモナコ~ニース観光~空路パリでやっとホテル入りしたのが21時過ぎでした。
ほかの人たちはおとなしく部屋に引き上げたようでしたが、私はパリのクラブ事情を探りたかったので出動です。
一応ホテルの美人コンシェルジュに、サルサの店を教えてもらいました。

ちょっと少女文字っぽい感じがするメモ書き。
Le_salsero

タクシーの運転手にこのメモを見せて、
「イシ シルブプレ」(ここまでお願いします)
と言えばOK。
Le Salseroに到着してみると、ラテン音楽が流れる普通のバーで、踊れる店ではありませんでした。まあ、観光客相手のホテルの案内ではそんなものでしょう。
あらかじめネットで調べて地図を用意しておいた店へ向かうことにしました。

まず1軒目はWAGG。
この店は入口にいかついガードがいる、いかにもそれらしいお店。
「ボンソワール」(こんばんは)
といってズンズン入っていきます。堂々としていれば大抵のことはOKです。
店は地下にあって、受付で入場料を払ったあと、クローク(カリベのような感じ)に荷物を預けてフロアに。
フロアはわりと広くて、暗めでとても良い雰囲気でしたが、音楽が4つ打のロック系ばかりで、フロアも閑散としているし、いつまで待ってもラテン音楽はかかりません。どうやらサルサ営業はやめてしまったか、曜日によって違うのか、とにかくこの日はハズレでした。
あきらめてクロークで荷物を受け取って出ようと、引換券を出すと、名前を教えろといいます。
そういえば預ける時に何か言っていたけど、名前を教えろと言ってたのかもしれません。
名前を教えていないので、名前を言っても無駄だろうと思い、財布になにか写真入りの証明書でもないかと探してもクレジットカードしかありません。クレジットカードのサインを指差して「マイネーム」といってみたら、パスポートはないのか?という。パスポートなら預けてあるカバンの中。カバンのなかからパスポートを出してみせると、ようやくカバンを返してくれました。
何だったんだかよくわかりません。

次に向かったのはCafe Louise。
ここは先ほどのLa Salseroと同じように、踊れる店ではないようなのでパス。

つぎは、オルセー美術館の近くのAguaという店。
真夜中のパリを歩く。
オルセーを通り過ぎるとセーヌ川沿いは灰色の石の壁ばかりで、店のようなものはありません。
店を探してしばらく歩いてみましたがそれらしいものはありませんでした。

さすがに疲れもあって、この日はそろそろ引き上げようと、ホテル方面へ続くコンコルド橋を渡ります。夜中の0時過ぎです。

コンコルド橋からシテ島方面(上流方向)の夜景
S_4

コンコルド橋からコンコルド広場方面の夜景
S_5

コンコルド広場を通り抜けてマドレーヌ通りの入口の角のところに良さそうなパブがあったので、ここでコーラを飲んで、ペットボトルの水を買ってホテルに帰りました。

この夜の軌跡はこんな感じでした。

地図1
Map1_2
地図2
Map2

ホテルから最初のLe Salsaeroまではタクシーで、あとは歩きです。
ずいぶん歩いたなあ…と思い、あとから地図で測ってみると5キロほど歩いたようです。
これだけ歩くと土地鑑のようなものが芽生え、街に親しみがわいてきます。

つづく


さて、こんどの金曜日10/5はカレーサルサPARTYです。 どうぞよろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

ナイスなNICE

モナコをあとにしてパリまで飛ぶ前にニースに立ち寄りました。
南フランスは多くの印象派の画家たちが愛した土地です。

Nice


結婚式のパレードが通過した後の紙ふぶき。
Photo


海岸線の風景。
ニースの浜は砂ではなくて石でした。寝そべるとゴロゴロしていて痛いのです。
この夏は日本ではビーチにはいかなかったので、かわりに石浜で小一時間昼寝。
Photo_2


Photo_3


次回はパリに到着です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

モナコGP(徒歩で)

【前回までのあらすじ】

Imgp0293s

ホテルのショウ・ウィンドウに展示されていた車をゲットしてモナコGPのコースをドライブするために、カジノで一儲けしようと出かけていったDJ HIGOだったが…

えー、カジノではすってんてんにやられてタクシー代すらままならなくなってしまったので、徒歩でモナコGPです。とほほ。

ホテルからの出発なので、フェアモント・ヘアピンからスタートしました。
スタートは22:56。これは時計が日本時間だからで、現地時間では15:56です。
Imgp0368s


ヘアピンをクリアして下っていきます。
Imgp0371s


写真右方向から来て、コーナーを曲がって向こうの方向へ。
Imgp0373s


すぐにまた右折すると海岸線です。
Imgp0374s


ここからトンネルに向けてアクセル全開にします。(気持ちだけ)
Imgp0376s


海はこんなにきれい。
Imgp0377s


全開のままトンネルに突入。
Imgp0379s


あっというまにトンネル出口。(あっというまというのは嘘ですけどね。)
Imgp0385s


トンネルを抜けたあとの海岸線。狭くてこわい。
Imgp0389s


PORT PALACEホテル前。これはシケインなのかな。
Imgp0392s


PORT PALACEの先の左コーナーを立ち上がったところ。左の埠頭道路と今いる歩道と、もう一本右上に道路がある。F1のコースは右上だと思う。
Imgp0398s


その右上の道路。ピシーヌ道路。
Imgp0400s


お、ピット(自販機コーナー)が。ここでピットインだ。
Imgp0404s


燃料補給。
Imgp0406s


ビシーヌ道路から港を振り返るとこんな感じ。ここで海岸線はおしまい。右コーナーを切って山側の道へ。
Imgp0407s


山側の道を全開で下る。怖そう。
Imgp0410s


ちょっと膨らんだ右コーナーを立ち上がってオスランド通りへ。
Imgp0412s


オスランドの緩やかな上り。ここを思いっきり駆け上がったら気持ちよさそうだ。
Imgp0413s


コース脇の見知らぬ花。
Imgp0418s


Hotel De Paris Monacoのコーナー。
Imgp0423s


コ-ナーを立ち上がるとヘアピン1つ前の右コーナーへと下る。
Imgp0430s


フェアモントヘアピン前の右コーナー。
Imgp0432s


コーナーを立ち上がるとフェアモントヘアピンが見えてくる。
Imgp0435s

1ラップ終了!
Imgp0439s


ラップタイムは!?
22:56~00:22で
1h26m00s!!
ファステストラップです!!!!!!


Imgp0443s


DJ HIGOのモナコGPは終わった。

つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

モナコ・パリの旅

9/6~9/12、モナコ・パリの旅行に行ってきました。
本当はリアルタイムで現地から記事を投稿したかったのですが、現地についてからアテにしていたケータイのローミングが使えないことが発覚。
おかげでこの一週間完全に音信不通、行方不明状態となっていました。業務連絡その他の用事があったみなさまごめんなさい。

今回の旅程は、
①成田→シャルルドゴール空港(フランス)
②シャルルドゴール空港→コートダジュール空港
③コートダジュール空港→モナコ(バス)
モナコ2泊
④モナコ→ニース→コートダジュール空港
⑤コートダジュール空港→オルリー空港
⑥オルリー空港→パリ(バス)
パリ3泊
⑦シャルルドゴール空港→成田

往きは昼前の成田発で、合計約13時間のフライト後モナコ到着が夜遅くになるので、飛行機の中では眠らないのがコツです。

一夜明けて快晴のモナコ。丘の上から見下ろすモナコの港。

Imgp0322s

モナコの海岸線の風景は熱海に似ています。
湾岸道路にはホテル。
手前側は後楽園。
中程にお宮の松。
遠くには三ツ石が…見えませんけどね。
非常に美しい街並みと海です。

宿泊したホテルはFairmont MONTE CARLO HOTEL。
F1で有名なFairmont Hairpinのところにあるホテルです。
ヘアピンカーブの名前はホテルの名前だったんです。(知らなかった)

Imgp0439s

Imgp0444s


Imgp0443s

ホテルのショウウィンドウにはかっこいい車が。

Imgp0293s

「このクルマいいね。乗って帰るから。カードで。」
そういう人にわたしはなりたい。

夜はカジノでスロットマシーン三昧。
上のクルマ代を稼ぎたかったんだけどね…


つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »