« 【DJ講座初級編1】 DJとは | トップページ | 【DJ講座中級編1】 リッピングとCD-R焼き »

2012年7月19日 (木)

【DJ講座初級編2】 CDJからはじめよう

DJの歴史は、今をさかのぼること135年前の1877年、かのトーマス・エジソンが自身で歌った「メリーさんの羊」のシリンダー(蝋管)をスピンしたところから始まりました。(ほんとかよ?)
その後録音媒体は円板に変化し、SP盤を経てLP盤が登場し、1970年代から80年代にかけてレコード全盛の時代を迎え、ダンスホールなどではもっぱらレコードがかけられていました。
このころはまだ、一台のレコードプレーヤーで単にレコードを再生している状態でした。

レコードプレーヤーを2台使い曲を切れ目なく再生したり、イコライジングなどの音質の操作、さらにミックスなどのテクニックを駆使する、いわゆるクラブDJが登場したのは80年代末から90年代初頭といわれています。
このころにはすでにCDが登場していたものの、やはり音溝を直接トレースするアナログディスクに比べると、CDの使い勝手はアナログディスクを使い慣れたDJたちを満足させられるものではありませんでした。
しかし90年代後半から現在まで、CD用のDJ機器いわゆるCDJの進化は目覚ましく、スクラッチプレイはもとより、一発頭出し、CUE機能、オートシンクロ、ピッチコントロールなどアナログプレイヤーでは考えられなかったような機能が次々と搭載され、機能面では完全にアナログを凌駕するに至っています。

DJに興味があり、これから始めてみたいという人には、まずはCDでのプレイをおすすめします。
CD用の器材ならほとんどのお店にありますから、自分で用意するものはCDだけで済み、気軽に始められます。
ただし、入門者、初心者の方には特に、守っていただきたいことがあります。

★正規版のCDを使うこと。(CD-Rに焼いたものは使わない。)

これはなぜかというと、CD-Rに焼いたものは、本人にそのつもりがなくても音楽データが圧縮されて焼かれてしまう場合がかなり多くあるからです。
これは別の機会に解説しますが、mp3をはじめとする圧縮音源は、音質の面でパーティーなどの公の場では使うものではないと考えているからです。
当然、ダウンロードした音楽も使用しません。
もちろん非圧縮の音楽CDデータをCD-Rにバックアップして使用することには問題はありませんが、それは非圧縮でCDをリッピングし、極力音飛びしにくい状態のCD-Rを焼く技術を身につけてからにしてください。

それでは実際のプレイにのぞむときに、どれくらいの曲数を持っていけばいいのかを考えましょう。
私の経験からすると、すくなくともその日にかける曲数の10倍は持って行きたいですね。
たとえば1時間の出番があるとしたら、12~13曲かけるとしてその10倍で120~130曲。
単純に考えると、CDを10枚持って行けばなんとかなるということになります。
でもちょっと待ってください。
1枚のCDの中に使える曲が何曲入っているかを考えなければいけません。
これも私の経験から考えると、多く見積もってもCD1枚につき、かけたいと思う曲は2曲程度です。
そうすると、使える曲を120曲用意するには、CDが最低でも60枚必要だということになります。
ただし、これはあくまでも現場で選曲をする場合の目安で、持ち時間で何をかけるかあらかじめ決めていく場合は60枚も必要はありません。
かける予定の曲と、他のDJと曲が重複した場合の予備と、あとはもしかしたら必要かもしれないと思うディスクと、バースデイ用くらいです。

ところで、その日にかける10倍の曲数ということに関しては、ちょっと面白い話があります。
ジャズクラブミュージシャンの知り合いに、クラブミュージシャンとして活動していくためにレパートリーが最低何曲必要かという話を聞いたことがあります。
ひと晩の出番が、30分から40分のステージを2ステージとして、1ステージ5曲とすると2ステージで10曲です。レパートリーがこの10倍、つまり100曲あればとりあえず仕事が始められるという話を聞いたことがあります。
つまりひと晩に演奏する曲数の10倍のレパートリーを用意しておけば、当面はなんとかやっていけるということですね。先ほどのDJの曲数のお話と一致しています。

それにしても、1枚で2曲しか使わないCDをたくさん持って行くというのも効率が悪いですね。

次回はリッピングとCD-R焼きのテクニックについてお話する予定です。

|

« 【DJ講座初級編1】 DJとは | トップページ | 【DJ講座中級編1】 リッピングとCD-R焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DJ講座初級編2】 CDJからはじめよう:

« 【DJ講座初級編1】 DJとは | トップページ | 【DJ講座中級編1】 リッピングとCD-R焼き »