« 女性ボーカルはむずかしい | トップページ | カリスマDJ »

2012年2月21日 (火)

見えないスピーカー

自宅で選曲するときに使っているスピーカー、AURATONE。
P1010921一緒に写っているのはCDのジャケット。

このスピーカーはかつて世界中のレコーディングスタジオや放送局でモニタースピーカーとして使われていた。
このスピーカーの最大の特徴は個性がないところだと思う。まったくフラットな特性で、低域も高域もおとなしめで、うっかりするとそこにスピーカーがあったことを忘れてしまう程だ。しかしその個性の無さ、存在感の無さこそがこのスピーカーのすごいところで、音に一切の味付けをしないために、中立的な感覚で選曲ができる。
つまり、CDの録音状態そのままの純粋な音で聞くことができるので、すべての曲を公平に評価できるのだ。
それにフラットな特性に耳を慣らしておくことで、現場での音の調整にも役立つ。

どれくらい特性がフラットかというと、こんな感じだ。(右下図)驚異的でしょ?

アンプはKT-88(真空管)シングル。
いつでもそこにいるのに、姿が見えない座敷わらし的スピーカーなのだ。Auraoldkt88_4

イヤホンでいうと、Etymotic Research イヤホン ER4S-Bに近いかもしれない。

AURATONEはおよそ30年前、1980年頃のスピーカーで、中古オークションで5000円~10000円くらいでときどき出るので、興味のある方はヤフオクをウォッチしてみてください。

 

|

« 女性ボーカルはむずかしい | トップページ | カリスマDJ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えないスピーカー:

« 女性ボーカルはむずかしい | トップページ | カリスマDJ »